さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市東区

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2012年04月08日

 また 引っ越しました


このたび FC2 と言う ポータルサイト に 引っ越しました。

新しい URL は http://taqj3.blog.fc2.com/  です。

宜しければ 上の行の URLを クリックされた後 「お気に入り」 に 「上書き保存」 を して頂ければ 幸いです。

引越をしても 「さぽろぐ」 の住民だと思っていますので さぽろぐ には 度々 お伺いすると思います。

移転の理由は 無料で使用できるメモリーが 1GB だったからです。

その代償として 操作は 「さぽろぐ」 より 面倒であると言う 重荷を負いました。

メモリーだけで選ぶと グーは 3GBですが プラグインが出来ず テンプレートも数種でした。

次の ライブドアは 2.1GBですが 毎回 再構築 と言う作業があり 面倒のようです。

三番目が FC2の 1GBでした。 操作も さぽろぐ よりは面倒ですが まぁまぁ 私でも こなせるように思いました。
 
    


Posted by 無陀仏   at 15:00Comments(0)日記 エッセイ

2012年04月07日

 お家騒動

小泉純一郎が ブッシュ に 乗せられて 民営化を図り 小泉チルドレン の数の力で 郵政民営化法は成立した。

所が 事情が変わり 郵政完全民営化を見なおす改正案が 自民党で了承され 今国会での成立が 確実になった。

郵政民営化に反対し 自民党を離脱した国民新党は 目的達成が確実になったので 民主党との連立解消を 党首の独断で 打ち出し相手党に通告した。

結果 亀井前党首と亀井前政調会長とが 国民新党を 離党せざるを得なくなった と言う お粗末な お家騒動だ。 

その 煽りで 新党日本の 田中康夫議員は 国民新党との統一会派を 解消し 一匹狼となった。 

この騒動の本質は 国民をそっちのけにした 権力志向者の マキャベリズム だ。 

また 芸能界では 幸子プロモーション と言う個人芸能事務所の 社長と 専務とが 3月末で急に退職した。

これは 民間なので 金銭問題と 感情とが 絡んでいるようだ。 社団性が無い個人事務所に 突然 芸能業務に口を差し挟んだ 大物歌手の配偶者の 個人的主張が ことの発端のようだ。

大物歌手が 自己の芸能活動を 33年支え続けてきた 前社長と前専務との 絆を取るか 将来を誓った 配偶者の意見を容れるか 二者択一の選択が このお家騒動の 本質のようだ。
  


Posted by 無陀仏   at 16:00Comments(0)日記 エッセイ

2012年04月06日

 しそちりめん

二人ボッチの私たちは ともに 脂質異常症の一歩手前なので 最近は 動物性の脂を 極力摂らないようにしている。

カレーライスには 脂身の少なさそうな 牛の切り落としを 使うなど 涙ぐましい努力をしている。

三日坊主とやらで 一月ほどで また 前の食習慣に戻るのでは 無いかと思っている。 

代わりに 食卓に現れ始めたのは 小魚類だ。 特に 小女子(こなご)類は 干物 佃煮 その他の加工物が多くなった。

そこで 最近 佃煮は 自宅で作るようにした。 形が大きめの子女子を買い これに 砂糖と蜂蜜とを加え 水を加えず煮込むと カリッとした食感の 旨い小女子の佃煮が出来上がる。

それからというものは 干した子女子であれば 見つけ次第買ってくるようになった。 三日坊主ではなく 三か月程続いている。

先日も 「しそちりめん」 と言う ちりめんじゃこ に 紫蘇を混ぜた干物を買ってきた。 小女子の干物にも 色々と 工夫をしてあるものと感心しだ。

この次に 佃煮を造る時は 蜂蜜の代わりに 定番の水あめを入れ あめの硬さの調節に 味醂を使ってみようと思う。
  


Posted by 無陀仏   at 16:00Comments(0)日記 エッセイ

2012年04月05日

 介護付き有料老人ホーム

この年になると 介護付き有料老人ホームの 広告が目に付く。

最近は 週刊誌の ダイヤモンド でも 3月31日号で 全国の介護付き有料老人ホームの リストアップ 記事を載せた。

家内の弟の足が弱くなり 介護付き有料老人ホームを探し 4月2日に契約の検討を開始したことも 眼を惹く一つの原因だ。

4月1日からは 介護付き有料老人ホームについての契約で 90日条項が 施行された。

この条項は 90日以下の短期間で 退所する場合の 一時金の返還義務が ホーム経営者にあると 明確に規定したものだ。

義弟の場合は 要介護度が 1 なので すんなり部屋を貸してくれるようだ。 説明書を見せて貰ったが 寝たきりになっても 退去させられることは無いようだ。 

彼が これから住むところは 1DKと 今までよりは狭い部屋だ。 ランニングコスト は 毎日 3食と 介護と が付いて 月15万円ほどだ。

彼の年金の余裕度からは この広さで 我慢して 住んで貰うしかない。

後は 既入所者達と 適度の距離を保ちつつ仲良くし 体力と 脚力とを保ちながら 余命を 少しでも長く享受することだ。

3月31日付けの 毎日JPによると つくば市の 介護付き有料老人ホームで 自立可能とされていた独居者が 孤独死後 一週間過ぎて 発見されたと言う。

そんなことから 兄弟への連絡用にと 今日の歩数を 翌日に 指定した時刻と 指定した者に対し 毎日 自動的に メール送信する機能を持った 携帯電話を勧めたが 今のところ 彼は 購入する心算は無いようだ。 
  


Posted by 無陀仏   at 16:00Comments(0)日記 エッセイ

2012年04月04日

 桜の香りの串だんご

今日の札幌は 朝から 風と雪だ。

北海道の東側 オホーツク方面 宗谷海峡地域では 空や 地上で 人々の足が 停まっているところもある。

静岡では 早咲きの 河津桜が終り 都内では 隅田川や 上野恩賜公園の 桜も 咲き始めたとか。 

7日・8日は 新入社員にとって 席取りが忙しい 週末となるだろう。

デパ地下で 桜の香りがする 串だんご に引かれ 野口英世さんを手放し 醤油 小豆餡 ごま餡 そして 桜餅の 串だんごのパックを受け取った。

2パック 買ったので 昼食の代わりに と  二人とも 黙りこくって もぐもぐ 食べた。 

会話が無いのは だんごが 美味かったからだ。 お茶を飲みほしてから やっと 声が出始めた。

札幌の花見は 一月遅れの ゴールデンウイーク辺りだ。 この時期の北海道は 桃と 桜とが ほぼ 同時に咲き 見物に忙しい。
  


Posted by 無陀仏   at 16:00Comments(0)日記 エッセイ

2012年04月03日

 何の取材なの

札幌駅南側の地下道で 通行人が取材を受けていた。

TV局の取材は 通常 カメラマン 音声 デレクター の 三人組だが このカメラマンは 一人で 三役を兼ねていた。

地下道を南下した時は 年配の女性だった。 10分ほどして 引き返し 北上した時には この写真の 青年が取材されていた。

夕方から 夜にかけて 眼を凝らし TVのニュース画面を 探したが このシーンは 見当たらなかった。 

カメラマンの腕に TV局の腕章が無かったので TV局以外の取材だったのかもしれない。

背景の壁面には 札幌と アイヌ語と に関わる ポスターが貼られていた。

この催しのための 取材であったのかなぁ。 臆せず 確かめないといけないなぁ。
  


Posted by 無陀仏   at 16:00Comments(2)日記 エッセイ

2012年04月02日

 定期検査

毎年 3月と 9月とに行う 血液検査の結果が示された。 

全体的には 前回より良好とは言いながら 脂肪に関しては 総脂肪量から 善玉コレステロールまで 標準値から 少し離れている。

そんなことで 動脈硬化指数が 5.16 と高くなった。 前回が 3.44だったから 注意しなければ ピンコロリ ではない死に方を しなければならない。

ご案内の通り 動脈硬化指数は 総コレステロール値 ÷ 善玉コレステロール値 - 1 ≒ 4 が適正値だ。

でも 医療界では 3までが普通 5までは要注意 5を超えると要治療 と言われている。

喜ばしいのは クレアチニンの数値が 0.83と 前回検査の 1.2台から 減少したことだ。 

クレアチニン値が 高いほど 腎臓のろ過能力が弱いのだ。 詰まり 腎臓の働きが 少しばかり 良くなったと言うことだ。

私の数値の場合 年齢からは 約65%の ろ過能力があると言うことで 同年代の方よりも 機能性が良い腎臓のようだ。

数値に 一喜一憂する心算は無いが 数値が適正値内にとどまるよう 注意した生活をすることは 必要だ。 

昨年末に マイコプラズマ感染症で 入院した私の場合 体内に炎症が あるかどうかを示す CRP にも気を使う。 幸い 0.1 以下で 全く問題が無いようだ。
  


Posted by 無陀仏   at 16:00Comments(0)日記 エッセイ

2012年04月01日

 居酒屋の飾窓

JR札幌駅周辺の ビジネス街の居酒屋に 金色の 瓢と杯とが飾られていた。

今年の干支の 辰 も番いで 金屏風を背にして 飾られていた。 

オフィスが多いこの界隈は 残業帰りの 会社員が 愚痴を語り ともに舐めあって 癒しを求めるには 絶好の場所だ と古い私は思っている。

でも 昨今は 個性派が多く 群れるのを 極端に嫌う人たちが多いと聞くから 案に相違した ロケーションなのかも知れない。

また 金色は 豊臣秀吉の時代から 人々の欲望の対象だ。 今は 出世より 生活を重視する人が増え 社会的ステータスが 地位から 蓄財に変わった。

所謂 アラフォーは 小さい時から 人生ゲーム と言う 遊びをしてきた人たちが多く 額に汗せず 一攫千金を 求めている人も少なくない。

佐賀県庁では ともに庁職員の夫婦が 知事の許可を得ず アパートと駐車場とを 経営していたとして 地方公務員法違反で 処分された と 3月31日付けの新聞に載っていた。

男性は 31日付けで 依願退職した。 不動産経営の目的は 財産を残したかったから だそうだ。 年齢は 40歳代後半だ。
  


Posted by 無陀仏   at 16:00Comments(0)日記 エッセイ

2012年03月31日

 札幌駅前地下歩道



駅前地下歩道を 暫らくぶりに歩いて見た。

北6条西4丁目付近の 壁面を利用して 大きなプロジェクター四基が 動く映像を 壁に投影していた。

白黒の画像だが 白い壁に  黒い歯車がまわり 運動エネルギーが 伝わる情景だった。

壁面に投影された画像が 天井にも繋がるように見えるのに 多少 興味を惹かれた。

急いでいたため プロジェクターの種類が CRTか 液晶か DLPなのか 等は 調べてこなかった。 迂闊。 

ANA が 設置したもののようだが 掲示してあった題名も 自宅に帰ったら忘れていた。 

前頭葉の 一時記憶の細胞が 急激に少なくなっていることを 実感させられた。
  


Posted by 無陀仏   at 16:00Comments(0)日記 エッセイ

2012年03月30日

 事務室の花


偶々 某保険会社を訪れたところ  ロビーに 沢山の種類の花が 盛花のように飾られていた。

花器を見ると 盛花に用いる大きなものではなく 生花に使うような 小さな器だったので 生花とも言える。

盛花や 生花と 発祥の新旧は違っても 自然の花を 切り または 摘んで 飾るのは同じだから どちらの名称を 使っても良い。

要は ロビーに訪れた人の心を 和ませて 気持のよい状態で 商談が円滑に進めば それで 飾った目的が達成されるのだ。

排他的な 家元制度が まだ 存在するから その 組織は 名称に 拘らざるを得ないのだ。

飾られた花で 心が和み 許可を得て 写させて貰った。 でも 写真にすると 何とも平凡な風景で しゃきっとしなかった。
  
タグ :盛花生花


Posted by 無陀仏   at 16:00Comments(0)日記 エッセイ